HOME>オーサリング>DVDオーサリング

DVDオーサリング

テンプレートダウンロード オーダーシート

CDプレス、DVDプレスのORIGINでは高画質、高機能オーサリング
システムScenaristを使用し、エンコーダーシステム三菱EN-250による
ハードエンコードとシネマクラフトによる
ソフトエンコードを用途に合わせ、エンコード作業を行っています。

メニュー(静止画)3枚、チャプター20箇所、リージョン設定、
BGM1曲設定、検証用DVD-R1枚、プレスマスターDVD-R1枚
CSSコピーガード設定、Plant Direct出力から
プレス生産のご依頼が可能です。

※標準納期:中3日で検証盤完成
※その他オプションはお問い合わせください

■DVDオーサリングに必要なもの
・編集済みテープマスター(HDCAM、HDV等)
またはデータマスター(HDD等に動画データを入れてご入稿ください)


データご入稿の場合、動画ファイルは、H.264を推薦しております。 弊社の作業環境はWindowsとなります。Windows対応のHDD、 もしくはexFAT形式でフォーマットされたHDDでご入稿お願い致します。
また、動画ファイルはチャプターごとにカットした状態でご入稿頂きますようお願い致します。
 

・オーサリング指示書 オーサリング指示書PDF

・メニュー画面素材 ダウンロード(PSD)
お問い合わせ お見積もり
基本料金¥25,000合計
エンコード基本30分まで ¥10,000 ¥35,000
エンコード60分 ¥18,000 ¥43,000
エンコード90分 ¥26,000 ¥51,000
エンコード120分 ¥34,000 ¥59,000

※その他オプションはお問い合わせください

お得なプレスパックのご案内Recommend

オーサリング特別価格(税別)
DVD-5(片面一層)¥25,000
DVD-9(片面二層)¥35,000

※複雑な内容により別途費用が必要な場合が
ございます。
詳しくはお問い合わせください。

パック内容
内容イラスト
メニュー3枚迄+チャプター20迄+検証ディスク1枚

DVDプレスパックとオーサリングがセットになったオールインワンの
お得なパックです。 プレス価格にわずかな追加費用でオーサリングをご利用頂けます。
※DVDプレスを同時にご依頼のお客様に限らせて頂きます。

メニュー3枚まで(データ支給)、チャプター20まで、
検証ディスク1枚含む。
標準のオーサリング内容は大体含まれております。
とくに片面二層の価格は破格となっております!
(注:複雑な内容により別途費用が必要な場合がございます。
詳しくはお問合せください)

オーサリングの流れ
オーサリングの流れイラスト
1.素材のご入稿
矢印マーク
素材をご入稿いただきます。
※HDDなどデータ支給の場合や、その他の素材については予めお問い合わせください。
※メニュー画面、指示書は弊社のテンプレートを使用してください。
対応素材
HDCAM・HDV・デジタルβカム・DVCAM・DVCPRO25・DV・miniDV・DVD-R・AVI・MOV
2.オーサリング
矢印マーク
頂いた素材、メニュー画面、指示書を元にオーサリング作業を行います。
作業中に問題点や確認事項等が見つかりましたらご連絡させて頂きます。
3.検証盤のお届け
矢印マーク
素材、メニュー画面のご入稿から中3日で検証版をお届け致します。
※混雑状況、オーサリング内容によって検証盤のお渡しが伸びる場合があります。
※検証盤2枚目から別途料金が掛かる場合があります。
4.マスター完成
矢印マーク
検証盤をご確認頂き、問題がなければマスターの完成です。
Plant Direct出力からプレス、コピーマスターを作成致します。
5.DVD制作 マスターを元にプレス、コピー作業を行います。
プレスのお見積りなどもご気軽にお問い合わせください。
メニュー画面を制作されるお客様へ
入稿形式
  • カラーモードをRGB指定した72dpiのPSD形式でご入稿ください。
  • 解像度は、720px × 480px
  • ピクセル縦横比は、16:9or4:3
  • 文字はラスタライズしてください。
  • 背景レイヤーとロールオーバー時()のレイヤーをご入稿ください。
    ボタンを選んだ際の動作のこと(色が変わる、カーソルが動くなど)
入稿ガイドイラスト
テンプレート
テンプレートダウンロード
セーフエリアイラスト
  • アクションセーフ → テレビで表示される領域
  • タイトルセーフ → 全てのテレビ、殆どのPCで表示される領域
文字・線について
  • 文字の大きさは15ポイント以上で作成してください。(17~20ポイントくらいが適正です)
  • 明朝体など細かいフォントは文字が一部欠けたりする場合がありますのでご注意ください。
  • 線の太さは3px以上で作成ください。細すぎると上手く表示されない場合がございます。
色について
  • 色は彩度、明度は明るすぎると滲みが出る場合がございます。
  • ロールオーバーで使用出来る色は3色までとなります。(中間色を使用している場合は1色まで)
ボタンについて
  • 各ボタンは5ポイント以上離してください。(各ボタンを長方形で囲ったとき他のボタンと重ならないように)
  • ボタン数には限りがございます。 4:3 → 36ボタンまで    16:9 → 18ボタンまで