DTPって何??


DTPapple.jpg


オリジンではDTP課という部署があります。


一般の方には聞き慣れないかもしれませんが・・・、 

(私もこの業界に入るまで知りませんでした。)

なくてはならない、とても大事な部署なのです。


DTPとは】

DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)を略したもので、

日本語では「机上出版」や「卓上出版」という意味



(え・・・そうなんや・・・初めて知った・・)

こう聞くと何か難しく感じますが・・・

要は、デザイナーが作成したデザインデータをチェックし、

実際に印刷まで手配する役割を担う役割です。

DTP作業.jpg

ORIGINでは基本的に[ご入稿頂いたデータをそのまま印刷に流す]様な対応はしておりません。

1件1件DTP課の方でデータチェックを行い、必要であれば御確認のご連絡をさせて頂いております。

(※勿論完全データであることが前提ですが)

 

よって、ORIGINの品質やサービスを支えている、なくてはならないとても重要な部署なのです。

日々様々な印刷データをチェックしておりますので、特にCDジャケットやDVDジャケット等の印刷データに関しては勿論プロ中のプロです! 



大まかな作業の流れを紹介したいと思います。


①   入稿データをチェック

ご入稿頂いたデータが、印刷に適したデータかどうかをチェックします。

リンク画像の不足はないか、フォントはアウトラインされているか、画像の解像度が低すぎないか等。何か問題があればご連絡させて頂きます。

②   面付け

製本工程における折り加工で,折り本が正しいページ順になるようにページを付け合せる工程です。
裁断機、製本機、綴じ方、折り単位、開き方向などの条件によってページの付合せ方が異なってきます。

③   印刷進行前チェック

印刷を進行する前に面付け作業等を行った印刷データに不備がないか2重体制でチェックします。社内で実際に出力した紙を見比べてチェックを行います。

問題が無ければ、印刷作業を進行します。

④   仕上がりチェック

仕上がった印刷物に不備がないか確認を行います。
印刷物としての不備だけではなく、製本等の加工にミスがないかも確認します。

 

 DTPCHECK.jpg
進行前チェックの様子。実際のデータと見本を出力し、入念にチェックします。

DTP PRINT.jpg
プリンターは最近買い替えました。これで簡易校正やポスターの出力を行います。




ORIGINではジュエルケースや紙ジャケット、デジパック等の通常仕様はもちろん、

その他様々な特殊ジャケット、パッケージのご相談も沢山いただいており、多数実績があります。

ORIGINの制作実例はこちら



どんな仕様でも、一度お問い合わせください。

営業とDTP課スタッフが、理想のパッケージ制作に向け、

しっかりとサポートさせて頂きます!