プレスとコピーの違いについて

gahag-0006227446-1.jpg

「CDやDVDのプレスとコピーはどう違うのですか?」

よく頂く質問です。


今回簡単に説明をまとめさせて頂こうと思ったのですが、
つい熱が入ってしまい、長くなってしまいました・・・

少しでも参考にして頂ければ幸いです。


----------------------------------------------------------------------------

【プレス】

■仕様について
プレスのディスク記録面(裏面)には肉眼では見えないくらいの小さな凹凸があり、
そこにレーザー光を当て、反射光によってデータを読み取っています。(DVDも基本的原理は同じです)
そのため互換性が高く製品(商品)に適しています。一般のCD・DVDショップに並んでいるものはほぼ100%がプレス製品となります。
品質がよく、エラーは発生し辛く、(プレイヤーとの相性で読み取れないことは希にありますが)
「スタンパー」という原盤を元にプレスしていくので、大量生産に向いております。
(一例として)1枚目のプレスと、10000枚目のプレスのクオリティは変わらないとも言われています。


■価格、ロットについて
基本的にバルク1000枚までは一律の価格となりますので、原則100枚、1000枚の料金は変わりません。
300枚以上の製作が現実的な単価になるかと思います。
追加生産の場合は、海外プレスは基本初回と同じ料金が掛かります。
国内プレスの場合はスタンパー料金が差し引かれます。

■納期について
ジュエルケース等一般仕様の場合は基本8営業日目納品(7営業日目発送)となります。
短納期の特急プランもご用意しております。(バルクの場合は最短5営業日目納品も可能です!)
紙ジャケットやデジパック、その他特殊仕様の場合は更に納期が掛かりますので予めご相談ください。


■盤面(レーベル)仕様について
プレスの場合はシルクかオフセットフルカラー印刷となります。
コピーのインクジェットとは違い、鮮やかできめ細やかなプリントが可能です。
下地は銀盤、白ベースをお選び頂けます。またその他マットインク、透明インク、特色など、
特殊インクの使用も可能ですので、組み合わせにより独創的な面白いデザイン仕様も可能です。
ご気軽にご相談ください。

-----------------------------------------------------------------------------

【コピー】

■仕様について
ディスク記録面には凹凸がなく。凹凸を模した模様を焼き込む事により、擬似的に反射光を発生させデータを読み取っています。
1枚ずつ1から焼き込むので、性質上エラーが出る可能性があります。
(コピー作業中にエラーがでると警告音が鳴り、エラーディスクは破棄されますので、基本的にエラーディスクが納品される可能性は非常に低いです。)

■価格、ロットについて
小ロット生産に向いています。
300枚以内でしたらコピーの方が安価で製作できますが、
300枚以上の場合はプレスの方がお安くなります。
※一部例外はございます。


■納期について
数量、仕様によっては3~4営業日目納品など、短納期での対応も可能です。
ご気軽にご相談ください。

■盤面(レーベル)仕様について
下地白の上にインクジェットプリントとなります。
また[ウォーターシールドメディア]を使用したプリントは非常に発色が良く、
プレスにも負けない鮮やかな表現が可能です。

----------------------------------------------------------------------------

簡単にまとめると・・、

プレス
・大量生産に向いている(300枚以上がお勧め)
・品質が良い
・一般仕様の納期は約8営業日(短納期対応可能)
・盤面プリントはシルクorオフセットなので、見栄えも良い


コピー
・少量生産に向いている(300枚以下がお勧め)
・品質は悪くないがプレスには劣る
・一般仕様の納期は約4~5営業日(更に短縮可能)
・盤面はインクジェット印刷




ご予算や納期、使用目的にもよりますので、
一概に[プレスの方がいい][コピーの方がいい]とは言いがたいです。

使用目的により、100枚でもプレスされたお客様や、
納期の都合で1000枚コピーを御利用頂いたお客様も数多くいらっしゃいます。

まずはお問い合わせ頂き、ヒアリングした上でのご提案も可能です!

ご気軽にご質問、お問い合わせください。